ABOUT

MIND TRAIL とは

開催概要

MIND TRAIL
奥大和 心のなかの美術館
会期
2022年9月17日(土)~ 11月13日(日)
会場
奈良県 吉野町、天川村、曽爾村
入場料
無料
主催:
奥大和地域誘客促進事業実行委員会、奈良県、吉野町、天川村、曽爾村
協力:
FM COCOLO、一般社団法人曽爾村農林業公社、Peatix Japan株式会社、豊永林業株式会社、株式会社ヤマップ、有楽町micro FOOD&IDEA MARKET(50音順)
プロデューサー:
齋藤 精一(パノラマティクス主宰)
キュレーター:
吉野エリアキュレーター 井口 皓太(CEKAI代表・映像デザイナー、クリエイティブディレクター)
天川エリアキュレーター KIKI(モデル)
曽爾エリアキュレーター 西岡 潔(写真家、アーティスト)
参加アーティスト(50音順):全34組
全34組
吉野・天川・曽爾|菊池 宏子+林 敬庸、齋藤 精一、村田 美紗
吉野|井口 皓太、大原 大次郎、力石 咲、NAZE、VOU/棒、magma、MACCIU、松田 将英、米澤 柊
天川|ATSUSHI、覚 和歌子、華雪、川口 大輔、KIKI、坂本 大三郎、寒川 一、西尾 美也、平 勝久・平 瑞穂/STUDIO PREPA、横山 寛多
曽爾|岩谷 雪子、尾柳 佳枝、CALMA by RYO OKAMOTO、北浦 和也、小松原 智史、三瓶 祐治、⻑岡 綾子、永沼 敦子、⻄岡 潔、前田 エマ
NARA Program(吉野)|タカ ホリイ、松田 大児

MIND TRAIL とは

MIND TRAIL

「MIND TRAIL 奥大和 心のなかの美術館」は、奈良県南部・東部に位置する奥大和を舞台に5時間以上かけて歩き、雄大な自然を作品を通して体験する唯一無二の芸術祭です。 世界遺産でもある吉野町、天川村、曽爾村を歩き、その土地や人々と対峙しながら、自然と作品を自分の心のなかにある美術館に展示してください。

コンセプト

CONVERSATION

対話するということ

MIND TRAILは2020年、コロナ禍で始まりました。
作品を通して奥大和の雄大な自然を体感するために、最長5時間かけて歩く芸術祭を開催し、当時大きな打撃をうけていた奥大和の観光に一石を投じることができました。

過去2年間に参加したアーティストたちは会期終了後も地域の皆さんとさらなる交流を深め、会場となったエリアではMIND TRAILや来場者を含めてサポートする体制が新たに生まれようとしています。これはMIND TRAILが人との会話、自分との会話、環境との会話、地域との会話など、対話することから派生している現象です。

2022年のMIND TRAILは、この2年間で多くの方との対話から生まれた繋がりを改めて考えるために、テーマを ”Conversation(対話)”として開催いたします。
奥大和で様々な連携が起こり、言葉・声・心の声など多くの対話が生まれるような新しい試みを行っていきたいと考えています。

MIND TRAILの役割が、大きく変わろうとしています。
観光誘致、観光資源の再発見のためだけではなく、奥大和という地域をデザインするケースの一つとしても、多くの方々に体験していただければと思います。
そしてこれまでと変わらず、素晴らしいアーティストたちの作品、地域の方々とのかけがえのない交流、膨大なエネルギーを孕んだ奥大和の大自然と地域の皆さんがもつ叡智に、訪れた方は必ずパワーを得られることでしょう。

MIND TRAIL プロデューサー 齋藤 精一(パノラマティクス主宰)

奥大和とは

奈良県の山岳地帯が連なる中南部と高原が広がる東部にかけての19市町村。
世界遺産に登録された「紀伊山地の霊場と参詣道」など修験道の聖地として長い歴史をもち、近畿最高峰の山々や冷涼な高原、川沿いに湧く温泉など美しい自然が広がっています。

エリアコンセプト

  • YOSHINO

    世界遺産「大峯奥駈道(おおみねおくがけみち)」の起点となる、森に抱かれた吉野。町域の一部は吉野熊野国立公園、吉野川・津風呂県立自然公園に指定されており、春には3万本のシロヤマザクラが咲き乱れ、日本を代表する桜の名所として知られている。
  • TENKAWA

    「天の国、木の国、川の国」
    天の川という名称が河谷に名付けられた伝承により聖域とされ、このことがきっかけとなり修行者たちの「行場」が開かれ、約1300年前の役行者による大峯開山以来、世界遺産「大峯奥駈道(おおみねおくがけみち)」の麓で山岳修験道の根本道場として栄え、今も山岳修行者たちの聖域とされている。
  • SONI

    総面積の86%が森林に覆われており、村の中央を流れる曽爾川に沿って9つの集落がある。
    西側には柱状節理の岸壁があらわな屏風岩、兜岳および鎧岳は国の天然記念物に指定され、東側にはススキの大海原で有名な曽爾高原があり、村の大半が室生赤目青山国定公園に指定されている。

お問い合わせ

〈 概要お問合せ 〉
奈良県 奥大和移住・交流推進室
〒634-0003 奈良県橿原市常盤町605-5 橿原総合庁舎3階
TEL : 0744-48-3016(月曜日〜金曜日 8:30〜17:15)
※土・日曜・祝祭日・年末年始を除く
〈 プレスお問合せ 〉
株式会社いろいろ(担当:市川)
TEL : 090-7947-1289
press@iroiroiroiro.jp