MIND TRAILプロデューサーの齋藤精一と共に曽爾のコースを歩き、
齋藤がMIND TRAILを始めたきっかけや、MIND TRAILに込めた想いを聞きながら、作品を鑑賞して下さい。
曽爾の雄大な自然の中を歩きながら、そこに当たり前にある『自然さえも作品に見えてくる』、そんな不思議な感覚をお楽しみください。

【プロフィール|齋藤 精一】
1975年 神奈川県生まれ。建築デザインをコロンビア大学建築学科(MSAAD)で学び、2000年からニューヨークで活動を開始。Omnicom Group傘下のArnell Groupにてクリエイティブ職に携わり、2003年の越後妻有アートトリエンナーレでのアーティスト選出を機に帰国。2006年株式会社ライゾマティクス(現:株式会社アブストラクトエンジン)設立。社内アーキテクチャー部門『パノラマティクス』を率い、行政や企業などの企画、実装アドバイザーも数多く行う。 2018-2022年グッドデザイン賞審査委員副委員長。2025年大阪・関西万博People’s Living Labクリエイター。
公式サイト:https://panoramatiks.com/

※ツアー終了後はご自身で復路コースをお楽しみください。
※詳細の注意事項についてはお申し込みページ(peatix)をご確認ください。