MIND TRAIL 奥大和 こころのなかの美術館 MIND TRAIL 奥大和 こころのなかの美術館

MIND TRAIL
奥大和 心のなかの美術館


会期:2021年10月9日(土)~11月28日(日)
会場:奈良県 吉野町、天川村、曽爾村
入場料:無料
主催:奥大和地域誘客促進事業実行委員会、奈良県、吉野町、天川村、曽爾村
協力:一般社団法人曽爾村農林業公社、株式会社ヤマップ、豊永林業株式会社(50音順)
プロデューサー:齋藤精一(株式会社アブストラクトエンジン 代表取締役)
キュレーター:
吉野エリアキュレーター 西尾 美也(美術家/奈良県立大学准教授)
天川エリアキュレーター 菊池 宏子(アーティスト)
曽爾エリアキュレーター 西岡 潔(写真家/アーティスト)
エリア横断キュレーター 指出 一正(『ソトコト』編集長)
参加アーティスト(50音順):
吉野・天川・曽爾|KIKI、菊池 宏子+林敬庸、齋藤精一
吉野|井口 皓太、黒川 岳、幸田 千依、西尾 美也、力石 咲、中﨑 透、三原 聡一郎
天川|上野 千蔵、覚 和歌子、金子 未弥、木村 充伯、国本 泰英、菅野 麻依子、山田 悠
曽爾|岩田 茉莉江、岡田 将、熊田 悠夢、小松原 智史、坂本 大三郎、鈴木文貴、長岡 綾子 、西岡 潔、野沢 裕

概要お問合せ:奥大和地域誘客促進事業実行委員会事務局
(奈良県総務部知事公室奥大和移住・交流推進室内)
0744-48-3016 nanbu@office.pref.nara.lg.jp

広報お問合せ:株式会社いろいろ(担当:市川)
090-7947-1289 press@iroiroiroiro.jp

OKUYAMATO MIND TRAIL Museum in your mind


period: Sat, 9, October – Sun, 28, November 2021 open everyday
venue: Yoshino, Tenkawa, Soni, Nara prefecture
entrance fee: free
organizer: Executive secretariat of Okuyamato CR Promotion Committee, Nara prefecture, Yoshino town, Tenkawa village , Soni village
cooperation: SONI Agri&Forestry Promoting Corporation , Yamap Inc. , HOUEI FORESTRY
producer: Seiich Saito(Representative, Abstract Engine Co., Ltd.)
curators: Yoshinari NISHIO(Artist / Associate professor, Nara Prefectural University)|Yoshino area
Hiroko KIKUCHI(Artist)|Tenkawa area
Kiyoshi NISHIOKA(photographer / Artist)|Soni area
Kazumasa SASHIDE(editor-in-chief of Sotokoto)|Cross-area curator
artists: all area|KIKI, Hiroko KIKUCHI+Takatsune HAYASHI, Seiichi SAITO
Yoshino area|Kota IGUCHI, Gaku KUROKAWA, Chie KODA, Yoshinari NISHIO, Saki CHIKARAISHI, Tohru NAKAZAKI, Soichiro MIHARA
Tenkawa area|Senzo UENO, Wakako KAKU, Miya KANEKO, Mitsunori KIMURA, Yasuhide KUNIMOTO, Maiko SUGANO, Haruka YAMADA
Soni area|Marie IWATA, Susumu OKADA, Yumu KUMADA, Satoshi KOMATSUBARA, Daizaburo SAKAMOTO, Fumitaka SUZUKI, Ryoko NAGAOKA, Kiyoshi NISHIOKA, Yutaka NOZAWA

general inquiry:
Executive secretariat of Okuyamato CR Promotion Committee tel:0744-48-3016 nanbu@office.pref.nara.lg.jp

press inquiry:
iroiro Inc. tel: 090-7947-1289 press@iroiroiroiro.jp
  • ※ 新型コロナウイルス感染症の発生状況等によって、イベント内容が変更になる場合がございます。
  • ※ マスクの着用、手先の消毒など皆様のご協力をお願いいたします。

コンセプト

WHY WALK? なぜ歩くのか?

コロナ禍では自分の足で歩いたことで、家の周りや、自分の身体や周辺空間の解像度が上がったことに気がついた人も多かったと思います。
同時に、Stay Home期間中、人は結果として土に触れ、自然を見ることで理由の無い落ち着きを取り戻し「人間とは?」「自然とは?」「環境とは?」「いのちとは?」など答えなき哲学的な問を考える機会にもなりました。
奈良・奥大和の広大な大地を使い、今この時期だからこそ自分の足で歩き、アートを通して身体と自然を感じて欲しい、そのような思いから、歩く芸術祭を広大な奥大和で開催することにいたしました。
2回目の開催となる2021年は昨年より更に自然やその土地の人の営みと対峙する機会を「歩く」を通して深める試みを取り入れたいと思っています。

WHY ART? なぜアートなのか?

昨年に引き続き2回目となる2021年も、多くの芸術祭はコロナの影響で中止もしくは延期になっています。
県をまたいで美術館に行くことも容易ではなくなった今、自分を写す鏡もなくなってしまい、何かが足りない感情になっている人々が多いのではないでしょうか。
芸術祭や美術館はそこに行かなければ体験することができません。
でもこんな未曾有な状況であるからこそ、自分がいる場所=心のなかに美術館を作ることができるのではないかと考えました。
この世界でさまざまな様式が大きく変化する期間に貯めたエネルギーを、アーティストが創る作品と共に奥大和の自然や大地に展示できないだろうか。
そんな思いとともに2020年からこの芸術祭を始動しました。
自然から、そしてこの土地に住む人々から、この芸術祭を訪れたみなさんは多くのことに気づくでしょう。

CONCEPT

WHY WALKING?

Perhaps many people have realized that their sensitivity towards neighbor surrounding and environment, and even towards one’s own body condition, has elevated due to increased chances of physical walking during the spread of Covid-19. Also in the event of “Stay Home” period, people had time to touch and work with soil in gardens or to take closer look at nature, which brought about a peaceful state of mind. This also provoked opportunity to ponder over some philosophical questions with no definite answer, such as what are human beings, nature, environment or life all about. Leveraging the vast land of Okuyamato in Nara, a walking art festival will be held. Now that we are in a difficult moment, this event aims to inspire people to walk on their own feet and to feel about themselves and the nature through a lens of art. Launched in 2020, the second round of this event this year in 2021 will provide even more encounters, enabling visitors to embrace nature and be a part of activities of the community in this region through “walking”.

WHY ART?

Since last year and continuing into 2021, numerous art festivals have been canceled or postponed due to Covid-19. Being in a moment when even traveling across prefectures to visit museums is difficult, some may feel vacant, not being able to express themselves through normal activity they used to be engaged in. One must visit art museums or art festivals in order to tangibly feel art. Perhaps this unprecedented situation could be an opportunity to create a museum on the spot where each individual stands and also in one’s mind (=museum in the mind). In the nature indigenous to Okuyamato, could we somehow take all the energies that have been accumulated over this period of world’s overwhelming changes in how we deal things in our lives, and express them through works created by artists? This is the concept that we worked around with to start this art festival in 2020 last year. Visitors to this art festival will be inspired by many new findings from nature, as well as through contacts with the local people residing in the community.

クリエイティブチーム

プロデユーサー
齋藤 精一
(株式会社アブストラクトエンジン 代表取締役)

PROFILE

吉野エリアキュレーター
西尾 美也
(美術家/奈良県立大学准教授)

PROFILE

天川エリアキュレーター
菊池 宏子
(アーティスト)

PROFILE

曽爾エリアキュレーター
西岡 潔
(写真家/アーティスト)

PROFILE

エリア横断キュレーター
指出 一正
(『ソトコト』編集長)

PROFILE

エリア

コロナウイルス感染拡大防止策として、以下の注意事項を必ずご確認下さい。
また、ご参加の際には イベントガイドライン も合わせまして必ずご一読の上でご参加をお願い致します。

ご参加2週間前に以下の事項に該当する方はご参加をお控え頂けますようお願い致します。
 -発熱があった方
 -咳(せき)、のどの痛みなど風邪の症状があった方
 -だるさ(倦怠(けんたい)感)、息苦しさ(呼吸困難)があった方
 -嗅覚や味覚の異常があった方
 -新型コロナウイルス感染症陽性とされた方との濃厚接触の可能性があった方
 -同居家族や身近な知人に感染が疑われる方がいた方
 -過去14日以内に、政府から入国制限、入国後の観察期間を必要とされている国、地域など等への渡航
  または当該在住者との濃厚接触があった方

※厚生労働省、奈良県の新型コロナウィルス感染症におけるホームページを予めご確認の上でご参加下さい。(※1)
※新型コロナウィルス接触確認アプリ「COCOA」を活用の上でご参加下さい。(※2)